29.雨水が流入する。

 

家に裏には勝手口がよく付いてますが、大抵は小屋根が付いてますね。
そして、波板で囲っている風景をよく見ます。

通常は、雨水が流れても床の勾配で雨水枡に流すのですが、囲いをする場合、土間をセメントで平らにして囲いを木材で組むのですが、セメントも劣化すると隙間が出来てしまいます。
セメントと土間の密着処理もよくなかったんだと思います。


古くなると木材も腐り、セメントもカラカラであちこち割れ、接合部から隙間が発生して、そこから雨水が浸入するようですが、流れ込んだ雨水の一部が逃げないので水溜まりが出来るようです。


元のセメントを取ってしまって







左官をし直しました。


ご存じですか?

オンラインのお客様

現在 3 人のゲスト が閲覧中です。

スポンサー

Copyright © 2020 便利工事士A. Powered by Zen Cart / zen-cart.jp