ドアクローザーのビスの潰れ

 

ドアクローザーのビスがつぶれ、どうしようもない状態。

ドアチェックと呼ぶ人もいますね。

プラスの山が潰れてしまう事はよくある事で、そうなると外せない。

ドアを開放した幅よりも、大きな複合機を入れたかったらしく、業者さんがドアクローザーを外して入れようと思ったらしいが、ねじ山がつぶれて外せずに、結局、ドアクローザの根元のボルトごと外してドアを外して複合機を入れたみたいで。

ただ無理矢理だったので、今度はボルトが戻せずにクローザーが宙ぶらりんになっていた。


こういう場合は、ビスの頭を飛ばしてしまう。

ドリルでビスの頭に穴を開ける感じで。

ドアは鉄扉で枠も鉄枠なので運が良ければ、ネジの山を残せますが、時間がかかるのでそのままドリルでビスの頭から下も押し込んでしまう。

元のビス穴も潰れてしまっているので、5mmだったなら6mmの穴を開けタップで溝を付ける。


そしてクローザーを再設置すれば完了。


ご存じですか?

オンラインのお客様

現在 1 人のゲスト が閲覧中です。

スポンサー

Copyright © 2020 便利工事士A. Powered by Zen Cart / zen-cart.jp