古い電子安定器の問合せを受ける

閲覧のみ
生産中止になった照明器具で、電子安定器の問合せを受ける。
メーカー確認で、部品供給も無くなっていたが、中には10万円以上はする照明器具。
家を建て、部屋に合う照明器具を選定して、取り付ける。
家とともに使い古され、それがまた味になる。

ネットで見ると、ハンダをやり直したりなんかで復活させている例もある。
技術的には可能。
ただ、一般的には、部品供給が絶たれた時点で、ゴミになる可能性の方が高い。

オーデリックに問い合わせてみれば、工場に送って修理が利くものは、修理で対応するとの事。
メーカー修理だと、顧客にとっても安心。
電気機器の場合、配線の劣化や積もったホコリで発火する可能性もある。
事故が起きれば法整備。
他社品の場合は、手を出さないのが現状。
ただ、使い慣れたものや気に入ったものは、きれいに使っている顧客も多いと思う。
インテリア感覚で。

白熱電球の場合は、特にシャンデリアなどはリペアを行う業者も無くはない。
一般的な家電製品の場合は、古いものより新しいものの方が機能性もいい。
家電製品とインテリアは異なるもの。
照明器具は、さてどうなのか・・・。

過去には、何灯か取り付けたガラスグローヴのブラケットやペンダント。
部品供給が止まったグローヴを、よく探したもんだ。
ソケット側の口径さえ合えば、似通った器具で代用したりしたものだ。
ネジ込みタイプは困難だった。中には諦めてもらうことも多かった。


そんなこんなで問合せされた方に連絡を入れる。
自己責任になってしまうが、基盤の購入は部品供給が無くなったので無理。
そのメーカーは修理も行っていないので、それも無理。
ただし、既存配線のリペアの技術があるとしたら、現行の似通った照明器具の電子安定器の代用は出来ると。
近くであれば、リペアをやってみてもいいとは思ったけど、メールでの問合せ。地域もわからない。

つか、メーカー側で、リペアキットでも出してくれりゃ楽なんだが。
そんなニーズも絶対あるはず。

スポンサー

ご存じですか?

オンラインのお客様

現在 3 人のゲスト がご来店中です。
IPアドレス: 3.93.74.227
Copyright © 2019 便利工事士A. Powered by Zen Cart / zen-cart.jp