配線器具交換(1)

閲覧のみ
配線器具交換
配線器具診断表でチェックしたお宅から、配線器具の交換依頼がありました。





コンセントでプラグきっちり奥まで入らないものはトラッキング事故の可能性が上がります。



プラグ(コンセントに差す側)は入りきらない状態で差し込まれていたからか、根元の刃の部分がホコリでカサカサに。


拭けば取れるものですが。放置した状態が更にコンセントにささりにくい状態を作っており、ホコリが多い位置だとホコリが積もり、更に湿気の多い位置だとホコリに含まれた水分によってショートしてしまう事も多いのです。



換気扇の調子が悪いので交換に伺った事から始まりましたが、配線器具も見事に劣化。


スイッチはゆるゆる。


コンセントもゆるゆるだったり固かったり。



配線器具の火災事故は多いので、出火元にならないように気をつけないと。


基本的に配線器具の寿命は、10年です。





引用元 テンパール工業

スポンサー

ご存じですか?

オンラインのお客様

現在 2 人のゲスト がご来店中です。
IPアドレス: 3.93.74.227
Copyright © 2019 便利工事士A. Powered by Zen Cart / zen-cart.jp