Twitter bot を使ってみる

閲覧のみ
ツイッターボットとは、そのプログラムを起動させると、自動で呟いてくれると言うもの。

用意するのはまずEasyBotter2.05というファイル。

プログラミングができなくても作れるTwitter botの作り方というサイトで入手する。

このページを見れば、動作させる事が出来るが、メモとして

フォルダ構成は



1階層めにbot.phpというファイルがあるが、これが起動ファイル。

ここにアクセスする事で、システムが動いてつぶやくという仕組み。

まず、date.txtを加工

これがつぶやく文字列で、段落ごとにつぶやいてくれる。

気をつけないとならないのが、10回のつぶやきに同じ文があった場合、Twitter側ではじかれる。

なので、文字列は多めに用意する。

今回は



13行目だけでテストするので、コメントアウトを外す。

Twitter Developers にアクセスし、アプリを登録する。

TwitterアカウントでサインインしCreate a new application をクリック

アプリの名前を好きに登録して

説明文も登録して

WEBサイトも登録して

これらは修正出来るのでとりあえず実行。



登録すると、4行目と5行目の部分が生成される。



access token生成ボタンがあるので、生成したら6行目、7行目に入れる。

screen nameは何でもいいっぽいけど、それも@Anywhere Domainの画面で作る。

で、ファイルをサーバーにアップロードして、その先のbot.phpにアクセスしてちゃんとつぶやけば成功^^

今回cronはいろいろややこしそうなので、cronサービスではセットせず。

代わりにWebCron Ver1.01というツールをベクターで見つけたので試験稼働させるとちゃんと動作。

スポンサー

ご存じですか?

オンラインのお客様

現在 2 人のゲスト がご来店中です。
IPアドレス: 3.93.74.227
Copyright © 2019 便利工事士A. Powered by Zen Cart / zen-cart.jp