エアコンクリーニングの相場

現在の価格は税別10000円です。

以下、記事

エアコンクリーニングの相場は、以下の要素によって異なります。

  • エアコンの種類(ウォールタイプ、天井埋込みタイプなど)
  • エアコンのサイズ(クリーニングするユニットの数)
  • エアコンの汚れ具合
  • クリーニング業者の料金設定

一般的には、ウォールタイプのエアコン1台のクリーニングの相場は、10,000円から20,000円程度です。天井埋込みタイプのエアコンの場合は、20,000円から30,000円程度になることが多いです。ただし、エアコンの状態によっては、それ以上の料金が発生することもあります。

また、一般的に、エアコンクリーニング業者によっては、セット料金で複数台のクリーニングを行ってくれる場合もあります。この場合は、1台あたりの料金が割安になることがあります。

エアコンクリーニング業者を選ぶ際には、複数の業者から見積もりを取り、料金だけでなく、サービス内容や実績、評判などを比較して、自分に合った業者を選ぶことが大切です。

この記事の記述はChatGPTで生成しています。

以下、追記

うちの場合は普通のエアコンで10000円~ですね。

ネットを調べると、凄く安いので6000円とかありますね。

専用洗剤は都度、希釈。

使い終わった洗浄カバーを洗浄して干す。

肝心のエアコンクリーニングだと、パネル取り外し洗浄。フィルター洗浄。

分解洗浄ではないので熱交換器のフィン部分は表面洗浄で、背面パネルは隙間ブラシなどで、ドレンパンは拭き上げ。

洗浄剤を洗い流して、拭き上げ乾燥復旧。

これだけでも、そこそこ時間がかかるので、さすがに6000円は。

定期的に自身でフィルター洗浄を行っていれば、それでもクリーニングは充分です。

フィルター洗浄もせず使用していると、結露でホコリも一緒にドレンパン部分に溜まり、水垢が付着。最悪ヘドロ化。

ファンには隙間なくホコリが付着し、ドラムが回転している状態で風量が出ない。

汚れ成分を含んだブツが遠心力でファンから吹き飛ばされる。

そこまで行くと、分解洗浄するしかないですね。

というか、ドレンパンを洗浄したところで、ドレンホーズにも詰まっている、下手するとドレンホースも劣化で割れている、もしくは動かした時点で割れる可能性も高いのでそもそもが大がかりになります。

そこまでになると、エアコン自体も年期が入っているのと冷媒も違うので、ガス漏れガス不足も考慮、基盤などの供給も不可能なので取替をお勧めしています。

アルミフィンを洗う洗剤は、中性がいいですよね。

ヤニ汚れがきつい場合は、重曹液でも取れます。

油が付着している場合にも有用です。

洗浄後の液体は、ドレンホースから流れ出るので、あまり強い洗浄剤はおすすめ出来ません。

エアコン取付工事相場

現在の価格は、税別で15000円からになります。

配管は4mまででテープ巻き、室外機のブロック置台が含まれます。

以下、記事

エアコン取り付け工事の相場は、地域や取り付けるエアコンの種類、設置場所などによって異なります。一般的には、壁掛けタイプのエアコンを設置する場合、工事費用は1台あたり10,000円から20,000円程度が相場となっています。しかし、設置場所が天井や床であったり、パイプを通す距離が長かったりする場合は、費用が上がることがあります。また、エアコンのメーカーや機能によっても価格が異なります。

ただし、安価な工事業者を選ぶと、工事の品質や保証などに問題が生じることがあるため、業者選びには注意が必要です。安心できる業者を選ぶためには、実績や評判を確認するとともに、見積もりを複数取って比較することが大切です。

この記事の記述はChatGPTで生成しています。

以下追記

安価なエアコンの架台、エアコンブロックが150円程度販売されていますが、でエアコン1台につき、2個必要です。

エアコンの配管セット4mが8000円ほどで売られています。

ChatGPTの記事だと、工事費が10000円からなので、交通費などを含めると、材料含む工事費は20000円近くになりそうです。

よくあるマンションのエアコンの設置、室外機を天井にぶら下げるタイプがありますが、ボルトが錆びついてしまっていると、撤去が困難ですね。

ベランダのスペースを確保するためだと思われますが、二人作業になるので交換だと割高になってしまいますね。

室外機のドレンホースが劣化すると、上から水が落ちてきますし、よく天井用の金具だけが取り残されてますが、あれは邪魔ですね。

壁面取付の場合は、エアコンが古くなるとエアコンの運転音や振動が建物に及ぶので設置場所が確保出来るのであれば、室外機は床設置がベストだと思っています。